【映画で考える】自分探しその3

gf01a201503081400
 ギリシア神話
 日本神話
  スサノオノミコト イザナギ(男性)の涙から生まれる。母のイザナミはすでに死んでいるので。
  お姉ちゃんがアマテラスオオミカミ。海の世界(ギリシア神話でいうポセイドン)の担当になるが、まともに仕事をしない。お母さんに会いたいと駄々をこねて、父から放逐される。高天原(神の世界)の担当に姉が就任したので、祝いに行くと、地位を取りに来たものと勘違いされ、ここからも追い出される。それで行きついたのが出雲で、ここで国づくりを始める。マザコンであり、駄々っ子であり、気に入らないと暴れ、破壊しまくる姿が描かれている。

バクマン。
 好きでしょうがないしかない人生を描いたドラマ。原作は漫画。
 中学のマドンナに告白したら、あなたのマンガの声優に私がなるまで会わずに夢を2人とも追うことができたら結婚する約束を取り付け、
 あとは漫画一色の人生の中で、画力とストーリー力をつけ、プロになり、売れる漫画家に成長していく姿を描いたもの。
 これは西洋の竜退治と基本構造は同じ。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です